パソコンの最近のブログ記事

今まではPentium4の3Gとか結構速いと思っていたが、

今回のノートPCは当初Pentium B940 (2.00GHz)というデュアルコアだったのだが、

同じソケットで対応チップセットだと言うだけでIntel Core i7-2720QMに載せ替えたらこれがすごい!

動いている。

スピードステップではないので、2.2Gのままだが4コア8スレッドがちゃんと動いている。

ハードディスクをSSDにしたのでスイッチいれてからパスワードまで10秒かからないくらい。

Operaもオフィスも起動が速い。

何もかもがスピードアップした感じで何だかやばい。

Win7Home Premium 64ビット

プロセッサ:7.4

メモリ:7.6

グラフィックス:6.3

ゲーム用グラフィックス:6.3

プライマリハードディスク:5.9

きわめて高成績なのではないだろうか?

これにさらにWi-FiとBluetoothのコンボ基板を導入する事になっている。

かかった費用はPC本体は32,500円、CPUは13,500円、メモリは3,449円、SSDは12,950円、Wi-FiとBluetoothコンボは1,680円

合計:64,079円だった。

それで、

Intel Core i7-2720QM

DDR3-10600 4G×2

SSD 128GB SATA2

Wi-Fi + Bluetooth

Officeなし

Windows7 Home Premium 64bit

余ったパーツ

Pentium B940

DDR3-10600 2G

SATA 320GB 5,400rpm

MiniPCI Express Wifiモジュール

ですた。

お久しぶりです。

ノートPCを買いました。というか「落札」しました。

TOSHIBA dynabook B351っていう15インチワイドなスタンダードなやつです。

自宅でネットワーク用にメールやインターネットを行うためです。

いままではペンティアム4のノートを使っていましたので、スペックアップです。

OSWindows 7 Home Premium 64bit
画面サイズ15.6インチ
モニター種類:HD TFTカラー Clear SuperView LED液晶
(省電力LEDバックライト)[1366×768]
CPUタイプPentium B940 (2.00GHz) 
メモリ容量2GB
HDD容量320GB
光学ドライブDVDスーパーマルチ

チップセットはIntel HM65 Express

というわけで、CPUはCore-i5に交換、メモリは4G×2、HDDはSSD128Gにそれぞれ交換しようと思う。

CPUはオークションで1万円以下、

メモリは3千円

SSDは1万2千円

全部で5万円くらいになるが、最初からこのスペックを5万円で買えるかもしれない・・・

とか、メモリ8Gが最初から入っているPCは・・・ないと思う。

新品パソコンを電源いれる前にバラして改造するというのがちょっと変わっている。

少しは性能が良くなってほしい・・・と思う。

すでに誰もが知っているかもしれませんが、計画停電実施中にはACアダプターを接続するタイプの電話機も使えなくなります。

しかし、AUやNTTの電話回線は生きている場合があります。


そういうときにはパソコン用のバックアップ電源をつかって電話機を一時的に動作させることができますよ。


どんな電気機器も使えると言うほどの容量はありませんが、とにかく困ったときに使える程度に考えておくと良いかもしれません。。


うちの場合、JCOM Phoneは使えなくなりましたが、KDDIとNTTは使えていました。

あとは、モバイル系はつながりにくいので、ブロードバンドとしては無理かもしれませんが、メールくらいは読めるようにしておきます。

テレビが使えないので、ケータイのワンセグとかやはり乾電池式のラジオですね。


ちょくせつ被災しているわけではありませんが、忍耐を学ぶ良い機会です。

みなさん、命ある限り大切なことを守り続けることができますように。

工人舎SK3KX06Lはどんどん進展しております。

SSDドライブはまだ交換しておりません。

交換するのが面倒なのが一番の理由ですが、動いている時間が結構長いので、そのまま使っています。

そのうち、Windows7にも入替えてしまい、ドライバーたちも工人舎サイトからダウンロードできてしまいましたので、使えている時はとても快適です。

Windows7自体はVistaと同じような使い勝手なので、特に問題ありません。

このネットブックはディスプレイがタッチパネルになっており、Windows7のパネルディスプレイ機能が使えるので、それは進展があったと評価しています。

Express/32スロットがあるので64GSSDを付けてみました。

ブルートゥースによるサウンド出力やマウスなどを使えるようにしようとUSBモジュールを付けてみました。

装着前はこんな感じ。

DSC_0615.JPG 

 装着すると

DSC_0616.JPG 

 はみ出している!

 

DSC_0617.JPG

・・・・これは、想定外でした。

まさか、こんなに出っ張るとは・・・・。

私の常識は覆されました。

後から考えてみると、それだけ中身を削って小型化した努力を評価してあげたいです。

でも、これらのメモリーたちを使うにあたって、最初はそこまで気が回りませんでした。 

あらかじめサイズを気にして使いやすいかどうかを熟考すべきでした。

Express/32のSSDメモリーはドライブとしては認識しますが、BIOSではドライブとして認識しておらず、そこから起動することはできません。

SDメモリーカードについては起動ドライブとして認識しましたのでなんとももどかしい・・・。

SDもはみ出しているけど・・・・。

DSC_0680s.JPG

工人舎SK3KX06LのハードディスクをHANA H1PM064G-00に取り替えたのですが、

WindowsXPでプログラムが進行中、突如ブルースクリーンになり、再起動できなくなりました。

BIOSでディスクを認識していません。

BIOSを初期化して電源を切った後にディスクを認識するようになりました。

認識しても、ブートローダーが見つからないというメッセージが出たり、しばらくすると正常に起動しましたが、またブルースクリーンに・・・・・何度かそういうことを繰り返します。

昔のDOS/V自作機のパーツの相性問題がここにきて再燃するなんて、思ってませんでした。

しかし、事実は正常動作しません。

コネクターの接触不良ってことも考えられるかも知れません。

使っているうちに発熱が大きすぎて、動作しなくなるってことも考えられるかも知れません。

とにかく、「気に入らない」ので、この組み合わせはあきらめることにします。

別のZIFタイプのSSDを入手しなければならない・・・です。

ちなみに、このハードはBIOSによるとSDカードからも起動できるらしいので、何か便利な利用法があるか探ってみます。

Express/32から起動できればそれも、一案なのです。

もうすぐExpress/32用SSDが来ます。

 

ネットブックは安いけれど、注意して購入しなければ容量が足りなかったり、処理が遅くて使いものにならなかったりと期待していたものよりがっかりさせられることがあるかも知れません。

 

私は、AsusrのEeePCを2台購入したことがありますが、いずれもオークションで売ってしまいました。

最初のEee PC 701 4GはSSDとは言ってもドライブ容量が少なすぎて使いものになりませんでした。

2台目のEee PC 1000H は160Gハードディスクでメモリーも2Gに増設できたのだが、何せ重かったので耐えられませんでした。

そして、3台目がKOHJINSHAのSK3KX06Lを現在使い始めています。

これはネットブックではないという方もいらっしゃるかも知れませんが、ジャンル分けを厳密にすることには関心がないので、上記2機種と同じように期待した使い方をしたい私の勝手な解釈をお許しください。

AtomZ520は良しとして、1.8インチハードディスクの60Gも良しとして、メモリーが1Gオンボードで増設不可能で、Express/32スロットは何か使えるかな?っていう魅力があるけれど・・・・っていう感じです。

画面がタッチパネルになっていて、タッチペンが付いていますが、Tablet PCエディションではない。

表題の話は、このSK3KX06LのハードディスクをSSDに入替えたという話。

18インチHDDは東芝製ZIFコネクタATAでした。

ヨドバシカメラにはこれ用にモバイルケースが1,700円くらいで売っていてこれを活用することにしました。

入替えるSSDはHana Micron H1PM064G-00、2万4千円くらい。

相性が良くない模様で、ぶっつけ本番でした。

PC本体はHDDを取り替えることを想定していないので、分解にかなり手こずりました。

DSC_0663s.JPG

キーボードの上部(ディスプレイの根元)の黒いプラスチックカバー部分を問題なく外せるところがミソでした。そのために裏面から2カ所のねじを外さなければなりません。

それを含めて、ねじは本体裏面から8カ所、さらに表面はディスプレイの固定に4カ所、キーボードに2カ所、キーボードを外して本体の上下カバー接合に3カ所を外して、カバー上下が外れて、基盤だけになります。

DSC_0676s.JPG

メインメモリが基盤に直づけされているのが判ります。

ハードディスクはフレキケーブルを注意深く外して、付け替えます。

フレキケーブルは力加減を間違うと接触不良や断線が起きて、使いものにならなくなります。

インストールは当初はうまくゆきませんので、根気と技術がない方は失敗します。

さて、ここからがスリリングなシステムデータ移行の業となります。

ディスク容量が違うので、ノートンゴーストを使った最初からのリカバリ領域は使えません。

リカバリディスクが付いていませんので、工場出荷時に戻すことができません。

さて、どうしたら移行できるのでしょうか?

一番確実だと思うのは、別のデスクトップPCに2つの1.8インチディスクを接続して、ドライブコピーやマイグレートイージーなどのディスクコピーツールを使って、パーティションを含めてデータをコピーしてしまってから本体に取り付けることです。

私はすでにSK3KX06L本体に取り付けてしまったので、USB外付けCDドライブと購入した外付けHDDケースに元のHDDを入れてUSB接続して、復元させました。

何度も認識しなくなり、ブルースクリーンになりながら、だましだまし復元することができました。

この方法はめんどくさいので説明できません。

HANAのSSDディスクはフォーマット状態によりBIOSで認識したりしなかったりするので、相性が良くないようです。お勧めしません。でも私はできたので、うまくいく方もあると思います。

一日かかりましたが、結果オーライですので、興味とやる気がある方は頑張ってください。

CrystalDiskMark 2.2によるベンチ結果は入替え前は

2009.10.09HDDbench-s.jpg

入替え後のHANA 1.8inSDDのベンチ結果は

2009.10.16SDDbench-s.jpg 

起動からプログラムもいろいろ速くなりました。

凄いでしょ!!

来週はこれにWindows7を入れてみようと思っていますが、大丈夫だろうか?

ご無沙汰しておりました。
前回の二胡レッスンはたいした進展がなかったのと、書き込みが面倒になってしまったため失礼されていただいておりました。

やっと新しいモバイルPCの環境が整い、そちらからの書き込みができるようになりました。

と言ってもなかなか難しいのです。

キーボードがちっちゃいんです!

10022132.jpg

KOJINSHAのネットブックです。

カメラもついてて軽くてちっちゃくて・・・。

システム手帳付きのカバーもあってとてもおもしろそうです。

久しぶりにデジタル化の恩恵にあずかっているのでちょっと書いてみます。

 

今までさんざん流行に惑わされて、デジタル化の不便さを経験してきたのですが

最近はそうでもないなあ・・と思うような恩恵を経験しているのです。

 

例えば、ビートルズのリマスター版が出たこと。

FMから流れてくるビートルズの曲はほとんどその音源が使われています。

きれいな音のビートルズが聴けるようになりました。

おなじ時代の他の曲との比較では特によく分かります・・・たかだかそれくらいということなのかもしれませんが・・・。

コダックが写真のフォトCDというデジタル化サービスを行ない始めたのは1992年

MDもそのころ

音楽CDができたのは1982年

miniDVビデオができたのは1995年頃です。

それでもう10年以上デジタルのお世話になっているわけでパソコンでいろんなことができるようになりましたが、仕事ではありえないペーパーレスを奨められたり、検索事業を高額有料化して商売する商社が出てきたり、投資や賭博がオンラインで簡単にできるようになったり、いろんな高額商材がありましたが、必ずしもそれによって生活が便利になったわけではなく、社会はさらに複雑化して手の出せないブラックボックスのような領域が増えてきて、法整備は立ち後れ、費用・維持費は高額で、気がついたらいろんなところで手遅れ現象が生じてきました。

そんな中で、最初は戸惑いを感じていた自動券売機、自動改札口、ATM、携帯電話なども定着してきてデジタル機会自体は開発が進み、さらに便利になろうと努力がうかがえます。

そのおかげでなおざりにされてきた人とのつながりや、第一次産業が注目されつつありますが、けっしてデジタル化のような高効率なものではない(つまり手間がかかってめんどくさいという人間のエゴ)ので、敬遠されがちなところもあります。

こうやってパソコンをいじるのが得意な私でも、宗教や聖書などの教典に興味を持って、人間の本来性や、根底にあるものを探るのは好きなのです。

コンピューターのプログラムを作っていると、神が人間を想像した時の人間には不可侵の絶対領域、その琴線に触れるような思いにゾクゾクしました。

今さら「人間は決して自由勝手な生き物ではない!」ということを自信を持って表わしてゆきたいと思っています。

人間として基本的にやらなければならないこと、正しいことや間違っていること、善悪の判断など、生き抜く基準をしっかりと持って生きてゆきたいと思っています。

そんなデジタル化なら大歓迎ですが、決して傲ることがないように!

さて使えるようになったと思って、さっそくハードディスクに溜めていた番組をDVDにコピーする作業に取りかかりました。

私は保存用にDVD-RかDVD-R DLを使うことがほとんどで、自分で撮影したビデオをPC編集した後にテスト保存でDVD-RWやDVD-RAMを使います。

ダビング前にまっさらのメディアをトレイに入れるのですが、トレイはカートリッジが使えるように大きいので、メディアが手前の爪に引っかからないように、ちょっと工夫が必要です。

爪の下にメディアが入るように軽く押し込んでから入れると良いようです。

爪の上にメディアが乗っかるようならメディアが固定されず、回転しません。

トレイの開け閉めはパネルのボタンが使えますが、ドライブ本体がパネルにぶつかるように固定してしまったら、ドライブ本体のイジェクトボタンがぶつかってしまって、トレイが再びあいてしまいます。

また、ドライブが低く固定されると、パネルに引っかかってトレイが出てこなくなりますので、微調整が必要なことがあります。(私の経験上ってことで、うまくいけばそれでOKです!!)

パネルのイジェクトボタンを押してトレイを閉じると、テレビの画面右上に「OPEN」の表示が消えますが、そのあと「LOADING」が出るはずですが、これが簡単には出てくれません。

閉じた後、再びイジェクトボタンを2度押さなければなりません。この2度目の間隔はマウスのダブルクリックをちょっとゆっくり目にする感じです。

画面には「OPEN」がしばらく出て、すぐに「LOADING」が出て、メディアが認識されます。

それから、ダビングの作業は通常どおり出来ますが、書き込みが始まる時に0%のまま止まってしまうことがたまにあります。原因は分かりませんが、機械がフリーズしたような状態になり、操作ができなくなるので、そのような時は電源ボタンを15秒くらい押し続けていると本体の電源が切れます。

電源が切れたら5秒以上待ってから再度電源を入れます。

すると「電源が切られました、ハードディスクの内容が消えた・・・・」などと確認メッセージが出ますが、再度ダビングの作業を行なうと、同じメディアでダビングができました。

書き込む前に何かの不具合が出ているのだと思われますが、ドライブを本体の相性が良くないという程度で、我慢出来ると思いましたのでそのまま使っています。

これでは、DVDに録画予約する場合はうまくゆかないかも知れませんので、そのように利用したいと思いましたら、この交換はお勧め出来ません。

メーカー修理をお願いするなどして、純正のDVDドライブを入手するのが確実で安心です。

ドライブを交換するにもこれからますます入手困難になってくると思われます。

自作パソコンを作るのが苦にならないので、とりあえずはこれで満足して使っていこうと思います。

近い将来、ハードディスクレコーダーをブルーレイに買い換える時が来るまでは、しばらくこのままでもいいかなと思いました。

8月からWOWWOWから「クラシカジャパン」に乗り換えたので、クラシック番組の録画の機会が増えてきましたので、重宝しています。

 

写真の掲載は面倒だったので、申し訳ありません。

この記事に従って作業をしてもうまくいかないことがあるかも知れませんが、それは自己責任でお願いします。わたしは決してこの作業をお勧めしませんので。ご理解のある方が、あくまで経験として参考にしてください。

カンタロウのDVDドライブ交換の続きです。

部品さえそろっていれば、慎重に取り替えるのに30分ほどしかかかりません。

しかし初めての分解でねじの位置などを確認しながらだと2時間くらいは見ておいた方が良いかも知れません。

電源ケーブルは2股のものを使っても大丈夫だということで、それはやってみてそうだったというだけで、回路設計上電力が間に合っているかどうかの保障があるわけではないのです。

ただ、もとのDVDドライブに伸びていた電源ケーブルも同じところから並列で取っているらしかったので、適当に大丈夫だろうと考えただけなのです。

AK-V100でのトラブルの多くがドライブに接続されているフレキケーブルの接触不良や断線なのだそうです。

わたしのもそのようでありました。最初は新しいドライブを接続してもうまく動作してくれませんでした。

電源部分はOKのようで、IDEのコネクターをはずすと表のランプが点滅し、トレイの開け閉めはできるのです。

それで、ケーブルが問題らしいと予想して、ジャンクで購入したG200からフレキケーブルを外して取り替えてみました。

これがOKでした。長さは合わないですが、長いだけなのでそのまま隙間に入っていただくことにしました。端末処理を自前で行う知識はありませんし、面倒ですから。

DVDドライブが認識され、メディアの再生、録画ができるようになりました。

ドライブは元のより小さく形状が違うので、マウントしている鉄板に両面テープで固定しています。

しかし、それくらいでも大丈夫なくらいいい加減にできているので助かりました。

ここで一つ問題が生じています。これは運用上ちょっとした操作が必要になったことです。

これはまた次回書きます。

ひょっとしたら、書き込みの問題はケーブルの接触だけだったのかもしれませんが、それでもドライブを交換して良かったと思って満足しています。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のコメント

  • NEW ARRIVALS APPAREL SHOES BAGS CLEARANCE ecommerce, open source, shop, online shopping: Descriptio 続きを読む
  • NEW ARRIVALS APPAREL SHOES BAGS CLEARANCE ecommerce, open source, shop, online shopping: Descripti 続きを読む
  • humendress,Chinese garments factory,retail and wholesale: Free Shipp 続きを読む
  • NEW ARRIVALS APPAREL SHOES BAGS CLEARANCE ecommerce, open source, shop, online shopping: ,NEW ARRIV 続きを読む
  • wholesale newport cigarettes: Britain ne 続きを読む
  • Cheap Newport Cigarettes: Think you' 続きを読む
  • wholesale cigarettes: Growing Ol 続きを読む
  • online cigarettes: Procedure 続きを読む
  • 国际快递价格,深圳DHL,国际空运,散货运输,深圳拖车,创捷运通: 创捷运通(Tr 国际 続きを読む
  • Chinese garments factory,Dresses,Pants,T-shirts: Details: 続きを読む

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちパソコンカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはアイミーブです。

次のカテゴリは二胡・高胡レッスンです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • blog_picture
Powered by Movable Type 4.261