急速充電器を当てにできない時がある?

今日は小田原に行こうと思って車を走らせたが、途中の平塚同号庁舎の急速充電を利用しようと思った。

市役所の近くだったのですぐにわかったが、着いてみて「故障中」を表示されている。

充電器に書いてある総務課の担当者に連絡すると、故障時の連絡先に問い合わせていろいろ操作したが復帰せず、近くの東京電力平塚支店の充電器を利用させてもらえることになった。

私の場合これで2件目。

最初は藤沢市役所、今回は平塚合同庁舎、いづれもお役所管理の充電器である。

おそらくは利用頻度が少ないものなのだろう、と推測する。

「最近機械を取り替えたばかりなのに」を係の方はつぶやいていた。

係の方も、前回利用者がいつどのように故障に至ったかを把握しておらず、誰かが利用しようとしてあきらめたらしいとも想像できる。

放置されていれば、何かの腹いせに壊しに来るやつもいるかもしれない。

近所の充電スタンドは確実に使えているのでまだ安心だが、メンテナンスはどうしているのだろうか?

行動範囲を広げるにも、このような初めて利用する充電器設置場所はちょっと注意して、ある程度覚悟して行かなければならない、電気自動車黎明期の悲しい経験。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.noctuel.com/blog2/mt/mt-tb.cgi/46

コメントする

2010年8月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

このブログ記事について

このページは、HATT3 ブログ日記管理が2010年8月17日 10:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「車両接近通報装置を取り付けてみた」です。

次のブログ記事は「アイミーブ 200V充電工事完了」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • blog_picture
Powered by Movable Type 4.261