2009年10月アーカイブ

工人舎SK3KX06Lはどんどん進展しております。

SSDドライブはまだ交換しておりません。

交換するのが面倒なのが一番の理由ですが、動いている時間が結構長いので、そのまま使っています。

そのうち、Windows7にも入替えてしまい、ドライバーたちも工人舎サイトからダウンロードできてしまいましたので、使えている時はとても快適です。

Windows7自体はVistaと同じような使い勝手なので、特に問題ありません。

このネットブックはディスプレイがタッチパネルになっており、Windows7のパネルディスプレイ機能が使えるので、それは進展があったと評価しています。

Express/32スロットがあるので64GSSDを付けてみました。

ブルートゥースによるサウンド出力やマウスなどを使えるようにしようとUSBモジュールを付けてみました。

装着前はこんな感じ。

DSC_0615.JPG 

 装着すると

DSC_0616.JPG 

 はみ出している!

 

DSC_0617.JPG

・・・・これは、想定外でした。

まさか、こんなに出っ張るとは・・・・。

私の常識は覆されました。

後から考えてみると、それだけ中身を削って小型化した努力を評価してあげたいです。

でも、これらのメモリーたちを使うにあたって、最初はそこまで気が回りませんでした。 

あらかじめサイズを気にして使いやすいかどうかを熟考すべきでした。

Express/32のSSDメモリーはドライブとしては認識しますが、BIOSではドライブとして認識しておらず、そこから起動することはできません。

SDメモリーカードについては起動ドライブとして認識しましたのでなんとももどかしい・・・。

SDもはみ出しているけど・・・・。

発表会が終わってからの最初のレッスンです。

発表会の写真やビデオ編集を終えて、やっと自分のレッスン・・・ってことですが、

先生は、すでに来年の発表会の合奏曲の準備に取りかかってまして、その曲の打ち合わせみたいなレッスンになりました。

曲目はまだ公開しません。次回の曲は高胡、板胡、二泉琴などのキーの違う楽器も合奏に加わって、とんでもないハーモニーを醸し出す予定・・・・。

来月の厦門行きのための曲も準備しなければなりません。

発表会の合奏曲の他に一曲準備していましたのでその曲の練習も行ないました。

久しぶりの二胡レッスンでしたが、数年前とは違って、譜読みがかなり訓練された成果が出てきていることを実感しました。

その際には音出しするだけで精一杯ですが、バンドでドラムをたたいていた時の経験からすると、スコア全体を見ながら編成全体を想定して、曲の乗りや盛り上がりなどもある程度見られるようになるはずなので、ソロ楽器のパートとして考えた場合、前後数小節に目を配って、ある程度フレーズを想定しながら演奏することができるようになるのかも知れません。

譜読みに際しては今後の課題となってゆくでしょう。二胡演奏のための楽譜はかなり膨大な量入手してあるので、1%くらいしか知らないわけで、いずれは知らないそれらの演奏もすることになるかも知れませんね。

 

304hatt3.jpg

発表会の私、前回と変わらず、ヒゲはありません。

 

DSC_0680s.JPG

工人舎SK3KX06LのハードディスクをHANA H1PM064G-00に取り替えたのですが、

WindowsXPでプログラムが進行中、突如ブルースクリーンになり、再起動できなくなりました。

BIOSでディスクを認識していません。

BIOSを初期化して電源を切った後にディスクを認識するようになりました。

認識しても、ブートローダーが見つからないというメッセージが出たり、しばらくすると正常に起動しましたが、またブルースクリーンに・・・・・何度かそういうことを繰り返します。

昔のDOS/V自作機のパーツの相性問題がここにきて再燃するなんて、思ってませんでした。

しかし、事実は正常動作しません。

コネクターの接触不良ってことも考えられるかも知れません。

使っているうちに発熱が大きすぎて、動作しなくなるってことも考えられるかも知れません。

とにかく、「気に入らない」ので、この組み合わせはあきらめることにします。

別のZIFタイプのSSDを入手しなければならない・・・です。

ちなみに、このハードはBIOSによるとSDカードからも起動できるらしいので、何か便利な利用法があるか探ってみます。

Express/32から起動できればそれも、一案なのです。

もうすぐExpress/32用SSDが来ます。

 

ネットブックは安いけれど、注意して購入しなければ容量が足りなかったり、処理が遅くて使いものにならなかったりと期待していたものよりがっかりさせられることがあるかも知れません。

 

私は、AsusrのEeePCを2台購入したことがありますが、いずれもオークションで売ってしまいました。

最初のEee PC 701 4GはSSDとは言ってもドライブ容量が少なすぎて使いものになりませんでした。

2台目のEee PC 1000H は160Gハードディスクでメモリーも2Gに増設できたのだが、何せ重かったので耐えられませんでした。

そして、3台目がKOHJINSHAのSK3KX06Lを現在使い始めています。

これはネットブックではないという方もいらっしゃるかも知れませんが、ジャンル分けを厳密にすることには関心がないので、上記2機種と同じように期待した使い方をしたい私の勝手な解釈をお許しください。

AtomZ520は良しとして、1.8インチハードディスクの60Gも良しとして、メモリーが1Gオンボードで増設不可能で、Express/32スロットは何か使えるかな?っていう魅力があるけれど・・・・っていう感じです。

画面がタッチパネルになっていて、タッチペンが付いていますが、Tablet PCエディションではない。

表題の話は、このSK3KX06LのハードディスクをSSDに入替えたという話。

18インチHDDは東芝製ZIFコネクタATAでした。

ヨドバシカメラにはこれ用にモバイルケースが1,700円くらいで売っていてこれを活用することにしました。

入替えるSSDはHana Micron H1PM064G-00、2万4千円くらい。

相性が良くない模様で、ぶっつけ本番でした。

PC本体はHDDを取り替えることを想定していないので、分解にかなり手こずりました。

DSC_0663s.JPG

キーボードの上部(ディスプレイの根元)の黒いプラスチックカバー部分を問題なく外せるところがミソでした。そのために裏面から2カ所のねじを外さなければなりません。

それを含めて、ねじは本体裏面から8カ所、さらに表面はディスプレイの固定に4カ所、キーボードに2カ所、キーボードを外して本体の上下カバー接合に3カ所を外して、カバー上下が外れて、基盤だけになります。

DSC_0676s.JPG

メインメモリが基盤に直づけされているのが判ります。

ハードディスクはフレキケーブルを注意深く外して、付け替えます。

フレキケーブルは力加減を間違うと接触不良や断線が起きて、使いものにならなくなります。

インストールは当初はうまくゆきませんので、根気と技術がない方は失敗します。

さて、ここからがスリリングなシステムデータ移行の業となります。

ディスク容量が違うので、ノートンゴーストを使った最初からのリカバリ領域は使えません。

リカバリディスクが付いていませんので、工場出荷時に戻すことができません。

さて、どうしたら移行できるのでしょうか?

一番確実だと思うのは、別のデスクトップPCに2つの1.8インチディスクを接続して、ドライブコピーやマイグレートイージーなどのディスクコピーツールを使って、パーティションを含めてデータをコピーしてしまってから本体に取り付けることです。

私はすでにSK3KX06L本体に取り付けてしまったので、USB外付けCDドライブと購入した外付けHDDケースに元のHDDを入れてUSB接続して、復元させました。

何度も認識しなくなり、ブルースクリーンになりながら、だましだまし復元することができました。

この方法はめんどくさいので説明できません。

HANAのSSDディスクはフォーマット状態によりBIOSで認識したりしなかったりするので、相性が良くないようです。お勧めしません。でも私はできたので、うまくいく方もあると思います。

一日かかりましたが、結果オーライですので、興味とやる気がある方は頑張ってください。

CrystalDiskMark 2.2によるベンチ結果は入替え前は

2009.10.09HDDbench-s.jpg

入替え後のHANA 1.8inSDDのベンチ結果は

2009.10.16SDDbench-s.jpg 

起動からプログラムもいろいろ速くなりました。

凄いでしょ!!

来週はこれにWindows7を入れてみようと思っていますが、大丈夫だろうか?

先日、第15回陳臻中国胡弓音楽院定期演奏会が終わりました。

私は合奏4曲と、ソロ1曲を演奏しました。

 

年を追うごとに生徒さんたちのレベルが上がって、演奏が良くなっているのを見聞きすることができました。

大人の二胡教室なので、このような会を運営するための手助けも皆さんで行なわれて生徒さん同士の絆も深まり、演奏会全体を盛り上げる一助になっています。

 

二胡が好きで、好きでしょうがない方、月謝を払えばプロの先生の演奏を目前で見ることができるだけでも幸せだと思っている方、練習した曲を人前で弾くという重大な課題を与えられ大変な思いをしている方もいらっしゃるようですが、そういう謙遜な気持ちであったとしても、緊張感でつぶれそうになりながらも最後まで弾ききる姿、堂々した姿はお客さんを唸らせ、拍手喝采の演奏を披露されるのは並大抵の努力ではないはずなのです。

 

私自身がソロで演奏し終えた時には、「やっと一段落ついた!」という気持ちだけで、来月の中国厦門行きや、撮影したビデオや写真を編集して生徒さん皆さんに提供する責任が残っていますので、開放感はそんなにないのです。

演奏では、今まで何度も練習してきたかいはあったのですが、出だしの部分で今まで一度も間違ったことのないところをミスしてしまい、その影響を引きずりながら呆然としながら弾き終えてしまいました。何とも中途半端な演奏になってしまいました。

それでも、声をかけてくださった皆さんには感謝しています。

私の前後に弾いた方々のレベルは高く、自分だけが取り残された気持ちがしました。

今まで一度も「満足のいく演奏」っていうのをできたことがないので、そもそもそういう演奏って「アリ!」なの?っていう疑問が出てきました。

いろんな言い方があるかも知れません。

「達成感のある演奏」「満足のいく演奏」「感動する演奏」「すばらしい演奏」「完璧な演奏」・・・。

それぞれにいろんな意見が出てくると思いますが、それらの違いを分析して納得しようということではないのです。

自分がたかが二胡教室の生徒の一人なのに、生意気なことを考えているだけなのかも知れません。

 

演奏が終わっても、中途半端な気持ちをぬぐい去れない、何とも生ぬるい終演という事実を突きつけられて、まだ納得していないと言うだけのことなのです。

プラモデルを完成させたとか、北海道一周ドライブに行ってきたとか、宝くじが当たったとか、サッカーの試合に勝ったとか、巨人が優勝したとか、そういう結末はいつになったら来るのでしょう?

っていう気持ちなのです。

音楽ではそういうことは難しいのでしょうか?

 

打ち上げの宴会の席では、皆さん良い方ばかりで、演奏の反省などそっちのけで、趣味の話、人生の話、旅行の話、仕事の話、お酒の話、料理の話、楽しい話題なら何でも盛り上がって、それはそれは楽しい一日の締めくくりとなりました。

 

バカボン・パパに「コレデ、イイノダ!」と言われそうです。

自分の演奏だけに関しては「納得いってない!」ですから、また頑張ります!!

 

今朝、携帯電話にタクシー会社から直接連絡があって、カバンを預かっているとのことでした。

早速、菓子オリを準備して亀戸まで取りに行きました。

カバンの中の手帳から連絡先を見つけたそうです。

すべてがそのまま手元に戻ってきました。

警察にもタクシーセンターにも見つかったことを連絡して、「良かったですね!」と明るくおっしゃってくださったのはとても嬉しかったです。

カバンが戻ってきたので、近くの銀行によって通帳が見つかったことをお知らせしました。

その際の手続きはいろいろと面倒でしたが、三井住友銀行は通帳もキャッシュカードもその日のうちに利用できるようになりました。違う支店の通帳でしたが問題なく手続きができました。

みずほ銀行は、手続きはできましたが、担当支店への連絡後に利用できるようになるそうで、一週間ほどかかるとのことでした。

アコムやプロミスはカードの再発行を即日で行ない、今までのカードは破棄されました。

カード番号は変わりましたが、それ以外は今まで通りに利用できるようになりました。

これを教訓にして持ち歩くものを減らそうと思いました。

もちろん分散保管で、わかるようにして・・・。

帰りに秋葉原によって、パーツを探しましたが、今まであったお店がビルごと消えているところがいくつもあって、電気屋さん以外の種類のお店が増えてきて、もう電気街ではなくなってしまってきた感じがしました。

安いパーツはネットで価格比較ができて秋葉原に行かなくても安く購入できるようになって、自分もその恩恵にあやかったいるので、仕方のないことなのかもしれません。

26年ほどの秋葉原の変化を見てきましたが、ここ4,5年の変化は特に大きくて、戸惑ってしまいます。

いつもいく店も3年ごとに場所を変えています。今日は時間がなかったので見つかりませんでした。

結局お目当てのものは見つからず、これからインターネットで探します。

今朝は台風がきているというのに、仕事のため朝の6時に出発して東京に出なければならない。
起きてみると雨はほとんど降っていない。風もそんなにない。
一応長靴を履いて、午後から晴れるということで靴も持って出かけることにしました。

小田急線はほぼ時刻どおりに運行している。
新宿に着いたら、風雨が強く総武快速線のホームにさえ出ることができず、階段に人がたまっていました。
やや遅れ気味、のろのろ運転で、ちょっと時間がかかっている。
8時頃には御茶ノ水で中央線に乗り換えたら、強風のため鉄橋が通過できないとのことで、どこまで行けるかわからない。
あとから別の人に聞いたら、7時台にはそんなことがなくゆっくりでも行けたらしい。
浅草橋で止まってしまう。いつ再開するかわからない状態だというので、駅を降りて両国方面に歩き出す。
歩いても2,30分で行けると思ったのだが、ちょうど目の前にタクシーが客を降ろしていた。
すぐに乗せてもらい、いつも通りに会社に着くことができました。

しかし着いてみると、靴袋しか持っていない!
タクシーに仕事用カバンを置き忘れてしまったようだ!!
銀行の通帳、キャッシュカード、モバイルパソコン、印鑑などいろいろ入ったカバンを忘れてしまった。

台風のための通勤経路変更と、いつもは持っていない傘や靴袋のためにいつもはそれだけ大事に持っているはずの大事なカバンを持っていくのを忘れるなんて・・・・・。

タクシー会社も覚えていない、領収書ももらっていない。両国橋から錦糸町まで乗ったことと、料金が980円だったことしか覚えていない。

午前中の業務をこなしながら、銀行やクレジット会社に連絡して、取引を中止してもらい、タクシーセンターという総合受付のようなところにも連絡し、交番にも届けた。

もうそろそろ仕事は終わるがまだ連絡がない。
警察の話によるとタクシーは当日の業務が終わってからまとめて届けられることが多く、それからいろいろ回って2,3日はかかるかもしれないとのこと。

仕方がないかなぁ・・・。っていうか、どうしようもないのです。
銀行やファイナンス系は契約更新にちょうど良い時期だし、再発行で暗証番号もカードも一新されるのは都合が良いことだと思う。
ただ、先月買ったばっかりのモバイルパソコンが・・・・・残念です。
早く見つかって欲しい。

銀行やクレジットカードで、インターネットで直接紛失の取引停止手続きができたのはイーバンクだけ。
あとはすべて電話連絡が必要でした。
取引先すべてをワンクリックで停止できる方法があればいいのに!と、実はそれが途方もなく大変なことであることを知りつつ、そういう理不尽な便利さがここぞというときに必要なことを痛感した瞬間でもありました。
私の個人情報なんてたいした価値もないし、秘密主義でもないのでちょっとは気が楽なのかもしれません。

メインバンクのキャッシュカードとクレジットカードと財布はスーツのポケットに入っていたので無事でした。
これで恐喝されたらアホらしいのですぐに警察に連絡しよう!

音楽教室の発表会のために先生が行なう準備は大変なものです。

スタッフが多い教室ではその作業も分業化されていると思いますが、先生が一人で運営しているようなところでは、会場の手配、打ち合わせ、スケジュール進行管理、生徒さんの選曲、出演順、費用の設定・会計処理、曲の指導、さらには生徒のマナー・モラル管理まで行なわなければならないかもしれません。

その中でも合奏がある場合はレッスン以外に時間をとってリハーサルを行なうこともあります。

私が習っている二胡教室も発表会に向けて合奏のリハーサルを行ないました。

朝の横浜中華街の集会所に二胡を持って集まるのは、それなりの雰囲気から始まります。開店前の準備や仕込みのおじさんおばさんの中国語が飛び交い、独特のにおいが中華の雰囲気に気持ちを誘います。

そんな余裕を感じる生徒さんがどのくらいいるかはわかりませんが、多くは家庭のいろいろな事を家族に託してくるわけですから、大変ですし、演奏に向けてのプレッシャーでいっぱいになっているかもしれません。

先生としては、演奏会を成功させるために一生懸命ですから、その方向でリハーサルは行なわれます。

15回目ともなりますと、要領を知っている生徒さんたちは早くからきて、会場の準備を手伝ってくださいます。いすや譜面代の準備、打ち上げの打ち合わせ、今回は11月に控えている中国遠征の準備や打ち合わせも兼ねて、大忙しです。

 

実際の合奏では、曲のうねりのような流れとか気持ちの入れ方など普段の個人レッスンでの技術的なレッスン以上の空気感を学びます。・・と思って受け止めているのは私だけかもしれません。

最終的には45人程度の大合奏になる予定です。

実際にはどれだけの人が自分の音が聞こえているでしょうか?

私にはほとんど聞こえてきませんので、果たして音程が合っているのかどうか?

でも、合っている時は音は聞こえてこないものなので大丈夫っていうことらしいです。

聞こえていても調整できる人は多くないかもしれません。

弦を押さえる力で調整したり、指の位置を動かしたりできると良いのですが、最初の音の発生がぼやけてしまうと曲の雰囲気を損なってしまうかもしれません。

そんなことで、合わせることが基本条件なのですが、それが一番難しいのです。

余計な緊張感が集中力を妨げます。やはり気持ちだと思います。

どんな合奏になったかは12日の本番を是非ご覧になっていただきたいと思います。

http://blog.chen-zhen.com/

詳しくは上記サイトをご覧ください。

もちろん、ここでもレポートしますが、ビデオ作成とか中国遠征の準備で終わってからも忙しいので、大変です。

 

さて、午後からはソロ出演者と伴奏者との少ない合わせの機会となります。

想定される伴奏者とのタイミングのずれを修正することができたと思いましたが、私の技量で精一杯のことはできたかと思いました。でも、それは一番大切なことではないこともわかりました。

一番は「心を込めて歌うこと」ということに決定しました!!!

歌ですから、音の組み合わせになっていなければならず、フレーズには歌詞があるように意味があり、表現力が必要になってきます。聴衆が何を感じるかは簡単にはわかりませんが、何かが「伝わる」演奏がしたいものです。

フレーズ一つ一つをまとまりのあるものにすること、それを数十小節まとめていき、最終的には一つの曲としてまとまったもの、まとまった音の塊にしてそう受け止めてもらえるように・・・とは願いになってしまいますが、そういう風に聴いてもらえるように弾ければいいなぁと思います。

要するに「歌う」ことで解決です。

そういう風に教えられていないのが、残念ですので、これを見ている生徒さん!ぜひ二胡で「歌って」ください!

二胡は歌のような響きを奏でられます。フレーズは口ずさめる方が絶対良いです!

先生もレッスンではよく声を出して音作りを表現して教えてくださいます。

それでは、来週!会場でお会いしましょう!

私は演奏以外の時は会場の一番後ろでビデオ撮影をしています。

気軽に声をかけてくださいね!

 

先日は高胡のレッスンがありました。

前回のリハーサルから一ヶ月、伴奏に振り回されるビクビク神経質な演奏を克服するために、テンポを速くしたり遅くしたり、もっと音色表現をはっきりとさせたり、全く逆の強弱にしてみたり、臨機応変の曲色によって、表現ができるようにいろいろと練習を試みて、その中からその日のその時間に最良の表現ができるようにと目標にしてやってみました。

先生も伴奏風な演奏をテンポを変えてレッスンしてくださいました。

問題のソロ曲はそのようにターゲットができてますので、仕上がりも順調でした。

合奏の中で最重要曲は「賽馬」です。

最終目標は全員が♪=140で完奏できるようになることです。

わたしもそれを練習しましたが、さらに強弱表現を増やすように指示されましたので、それを加えて練習しました。

さらに一段と曲が生き生きとしてきました。

それにしても、まだまだ完奏の完成度には上があるっていうことですね。

まして、今年は11月に中国遠征があり、これが最大の目標になっています。

合奏のアンコール曲の準備でもう一曲簡単な曲が追加されました。

曲を覚えるのも楽になってきました。

何度も何度も繰り返し練習することが、まだ効果的なのでした。

 

とうとうビートルズBOXを買ってしまいました。生まれて初めてビートルズのCDを買いました。

安く買って3万円でおつりが出るくらいで、14タイトル+ドキュメンタリーDVDという豪華な大人買い。

リマスター版ということで、いつも聞いていた音とは違った感動や発見があり、特に最初の4枚はモノラルからステレオにリマスターだから、驚きとガッカリがごちゃごちゃに複雑な思いになってしまう曲もあり、それなりに聞く価値があるものと思って「買って良かった!」満足感でいっぱいです。

FMで流れている曲はほとんどこのリマスター版になっているようです。

だから、黙って聞いて入ればただで聞けてしまうわけです。

またCDなのでA面・B面をひっくり返さなくても良いし、パソコンに落としてシリコンプレーヤーで一度に聞くこともできる。便利な時代になってしまった。

 

私がビートルズを初めて聴いたのは小学校6年生のとき、名寄にいて夜中にニッポン放送でやっていたビートルズ大全集という特集番組が数ヶ月間毎日放送されていて、それを布団にくるまって聞いていたのだと思います。

ラジオは自転車に搭載していたおまけラジオで、当然モノラルでAM波しか受信できないものでした。

北海道の北の地で、関東圏のニッポン放送は日が暮れてからでなければ受信できませんでいた。

すぐモスクワ放送がチューニングがちょっと狂うとたまに雑音とともに乗ったってきて、気がつかずに雑音の中で頑張って聞いていたものでした。その時の記憶のままの初期の曲は、今CDでちゃんの聴くと信じられない編成でいろんな音が聞こえてきて、驚いています。

今のオーディオセットのハイファイな音とはかけ離れた、というか今の音が信じられないというのが正直な思いです。ビートルズを聴いて、自分のオーディオセットの再現性にあらためて感動しています。

当時はステレオセットがなかったので、自分でレコードを買おうと思うこともなくラジオの音をイヤホンジャックから英会話練習用のカセットレコーダーにつないで録音したのです。

ビートルズだけでいろいろなラジオ番組から流れてくる曲を何とか140曲くらい集めました。

曲紹介がイントロの邪魔をしたり、一番だけで切れてしまったりなど、完全に1曲まるまる聞けるまでにはあと数年かかりました。

中学・高校に入ると、よくミュージックライフ誌を買って読んでいましたので、レコードに入っている曲順や、まだ聴いたことのない曲があることなどもわかってきて、そういう曲がFMでかかると感動したものでした。

友達からビートルズのアルバムを借りて聴いたこともありました。ホワイトアルバムやアビーロードは初めて続けて聞いたときには、またまた驚いていました。

自分でレコードが買えるようになってからでもビートルズは後回しになっていました。

ビートルズのレコードが店頭から消えてしまうわけがないし、それよりも消えてしまうかもしれないアイドル歌手やプログレの方が持っている価値があると思っていたのです。

いつの間にか「ビートルズは卒業した」という思いになっていました。

いつでもセッションがあればドラムは叩ける自信がありましたし、さんざん聴いていたつもりでした。

さてこの年になって、高度な技術の発達により新たなリマスターの試みがなされ、実現したのです。

レコードからCDになった時のリマスターもそれなりに変だったけど、良くなっていたようでした。

しかし、今回は自分が良い再生装置を持っているせいもあって、聴いてみたい衝動が込み上げてきました。

リマスターがどのように行われるのかよくわかりませんが、音質の向上に原点の演奏が耐えられるだけの技量を持って録音されているからこそ実現できるのだ。ということを改めて感じた点に感動しました。

これなら私の作った歌もきっと売れるようにリマスターできるのではないだろうか?そんなパソコンソフトが発売されるかもしれない。などという妄想もありなのではないかと・・・。

たいした進展ですね。

ご無沙汰しておりました。
前回の二胡レッスンはたいした進展がなかったのと、書き込みが面倒になってしまったため失礼されていただいておりました。

やっと新しいモバイルPCの環境が整い、そちらからの書き込みができるようになりました。

と言ってもなかなか難しいのです。

キーボードがちっちゃいんです!

10022132.jpg

KOJINSHAのネットブックです。

カメラもついてて軽くてちっちゃくて・・・。

システム手帳付きのカバーもあってとてもおもしろそうです。

2015年2月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近のコメント

  • NEW ARRIVALS APPAREL SHOES BAGS CLEARANCE ecommerce, open source, shop, online shopping: Descriptio 続きを読む
  • NEW ARRIVALS APPAREL SHOES BAGS CLEARANCE ecommerce, open source, shop, online shopping: Descripti 続きを読む
  • humendress,Chinese garments factory,retail and wholesale: Free Shipp 続きを読む
  • NEW ARRIVALS APPAREL SHOES BAGS CLEARANCE ecommerce, open source, shop, online shopping: ,NEW ARRIV 続きを読む
  • wholesale newport cigarettes: Britain ne 続きを読む
  • Cheap Newport Cigarettes: Think you' 続きを読む
  • wholesale cigarettes: Growing Ol 続きを読む
  • online cigarettes: Procedure 続きを読む
  • 国际快递价格,深圳DHL,国际空运,散货运输,深圳拖车,创捷运通: 创捷运通(Tr 国际 続きを読む
  • Chinese garments factory,Dresses,Pants,T-shirts: Details: 続きを読む

このアーカイブについて

このページには、2009年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年9月です。

次のアーカイブは2009年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • blog_picture
Powered by Movable Type 4.261